どうしても離婚したいと考える理由

 

大好きな人と結婚したはずなのに、結婚生活はうまくいかないことばかりで離婚したいと思うこともあるでしょう。

 

女性が夫とどうしても離婚したいと考える理由はどんなことがあるのか見てみましょう。

 

性格の不一致

 

付き合っているときはわからなかったけれど、一緒に暮らしてみたら性格がまったく合わなかった、そんなケースで離婚する人が増えています。

 

性格の不一致での離婚は聞こえが悪く、親世代からは我慢が足りないのでは、我儘だ、などと言われてしまいがちです。

 

しかし、性格の不一致が離婚の理由として最も多いことも知っておきましょう。

 

お互いにこの先一生この人とはやっていけないと感じるなら、離婚の理由になるのです。

 

ただし、法的には認められにくい理由であり、将来にわたって修復できないことを証明しなければなりません。

 

法を介さず、お互いに納得の上での協議離婚では特に問題ありません。

 

離婚届を書いて終わりです。

 

浮気

女性にも収入があって自立している人も増えていますので、最近では浮気にされたらアッサリ離婚するという傾向があるようです。

 

1度や2度は我慢するかも知れませんが、何度も浮気を繰り返す相手と一緒にいる理由はありませんよね。

 

子どものために我慢する、と言う人もなかにはいますが、現代は生き方や働き方も多様化しています。

 

あなたが本当にそれでいいのかどうかよく考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

DV、モラハラ

暴力や精神的な攻撃も離婚の理由に挙げられます。

 

我慢したり、自分がハラスメントを受けていると気付かない人もいるようですが、あなたに何の落ち度がないにもかかわらず繰り返される場合はストレス解消のはけ口にされている可能性があります。

 

肉体的な暴力でなくても、暴言や精神的虐待も同様です。

 

すぐにでも相手から離れたほうがよいでしょう。

 

お金の問題

 

浪費癖がある、生活費をいれない、などはいくら相手が好きだったとしても結婚生活が成り立ちません。

 

自分の生活基盤が脅かされるのなら一人でなんとか暮らしたほうがましと考えるのも当然です。

 

浪費癖はなかなか治らないものです。

 

ずるずると一緒にいても何の展望もありません。

 

見切りを付けたら女性は案外強いものです。

 

さっさと職を探して子どもを連れて離婚と言うこともあり得るでしょう。

 

子供への愛情がない

 

虐待や面倒を見ない、と言った深刻なケースでは、子供を守るためには離婚するしかない、と行動に移す人もいます。

 

子供は親以外に頼れる存在がありません。

 

話し合いや交渉をしても相手の態度が変わらないのなら、離婚はやむを得ないのではないでしょうか。

 


 

どうしても離婚したいと思ってしまう理由を紹介しました。

 

できることならお付き合いしている期間に相手を見極められるとよいですが、今となっては後の祭りです。

 

でも今は昔に比べたら女性も自由な時代になりました。

 

自分の人生を前向きに考えて離婚と言う選択をするのも有ではないでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す