早く子供が欲しい!なにから始めたらいいの?

 

結婚したらしばらく彼と二人だけの生活を楽しみたいと言うひとがいる一方で、早く子供が欲しいと考える人もいます。

 

その違いは年齢がもたらしているようです。

 

30代のカップルは、子供を授かるにはリミットがあるのだから、と焦るかも知れませんね。

 

その考えは正しくて、早く子供が欲しいと考えているなら、すぐにでも妊活を始めたほうがよいです。

 

具体的には、彼と二人で産婦人科を訪れてみましょう。

 

その理由についてお伝えしていきます。

 

不妊の診断を待つ必要はない

 

不妊の定義は、妊娠を希望してある一定期間性交を継続して行っているにもかかわらず妊娠しない場合を不妊としています。

 

その期間は1年が一般的です。

 

彼と結婚して1年間子づくりしてみて妊娠しないようだったら産婦人科に行ってみようかな、とのんびり考えている人もいるかも知れませんが、不妊治療を始めてすぐに妊娠できるとは限りません。

 

そのあいだも着々と卵子の老化は進んでいきます。

 

ですので、すぐにでも相談に行くことをおすすめします。

 

不妊歴0日で受診する人もいますので安心してください。

 

自然妊娠のために

 

治療という目的と言うよりは、彼とお互いに異常がないかどうか検査するのがおすすめです。

 

病院によっては予約待ちになることもあるので、早めに行動しましょう。

 

病院は慎重に選ぼう

 

病院や先生によって考え方や方針が異なります。

 

もし自分達と合わなかった場合、病院を変えるとまた一から出直しとなってしまいます。

 

病院の方針に従って検査を受け、治療をすすめていくため、同じことの繰り返しで時間を無駄にしてしまう場合もあります。

 

近所の産婦人科にとりあえず行ってみる、というよりは、情報収集して不妊治療専門の病院を探しましょう。

 

身体を整えよう

 

早く子供が欲しいと考えているあなたは、妊娠のためのからだづくりを早速始めましょう。

 

まず基礎体温をつけて自分のからだのバイオリズムを把握しましょう。

 

葉酸や鉄分のサプリメントを摂取するのもよいです。

 

太りすぎ痩せすぎに注意して適正体重を維持することも大切です。

 

ストレスは女性ホルモンの大敵ですので、リラックスしてなるべく穏やかなこころで過ごすことを心がけましょう。

 

適度に運動すると血流がよくなるので、ヨガやストレッチ、ジョギングなどもおすすめです。

 


早く子供が欲しいと思えば思うほど、自分の年齢を考えて焦ってしまうこともあると思います。

 

でも、焦りやストレスは妊娠には邪魔となってしまいます。

 

検査や身体づくりなど、やるべきことをきちんと行動にうつし、心にゆとりを持って過ごすのがおすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す