いい家が欲しい・・・独身女性の自宅購入を考える

 

30代独女、ある程度収入もあり結婚する予定もないとなると、自分のためにいい家が欲しいと考えるのではないでしょうか。

 

最近は、マンション購入する独身女性が増えていると言われています。

 

30代独女が自分のために家を購入するって、実際のところどうなんでしょうか。

 

自宅用マンションを買う?

 

いまや年収300万~500万円代の女性でもマンション購入ができる時代です。

 

30代を過ぎて結婚する予定がなければ自分の老後が気になるもの。

 

老後を迎えるまでにローンを完済し、一生住もうと考えて、自宅マンションの購入に踏み切る女性の気持ちは同じ女性としてよくわかりますよね。

 

ペットと暮らしたり、お気に入りのインテリアをそろえたり、考えるだけでもワクワクしますね。

 

もしもライフスタイルが変わったら売却するか、賃貸に出すという選択肢もあるので、マンション購入は意外にハードルが低いのかも知れません。

 

思い切って一軒屋を買う?

 

高齢者になると賃貸契約を断られるケースが出てきます。

 

女ひとり、老後に住む家がないなんて考えただけでも恐ろしい事です。

 

でも、もし自分の持ち家があればそんな悩みとは無縁です。

 

住居に不安がないということは、生きていくうえで大きな安心感につながります。

 

都市部では難しいかも知れませんが、地方であれば一軒屋購入も夢ではありません。

 

地元に戻って母親と一緒に暮らす一軒家を購入するというのも、素敵かも知れません。

 

正直、かなり羨ましがられる

 

自分だけの理想の家を持つことは女性にとって憧れです。

 

同期や学生時代の友人からも、相当羨ましがられることは間違いありません。

 

優越感に浸って、人生を謳歌している気持ちになるでしょう。

 

反面、妬まれることも

 

地道にコツコツと努力して理想の家を購入したあなたに嫉妬を感じる女性も少なからず出てくるでしょう。

 

女性は比較したがる生き物。

 

20代の頃は私の方が…なんて同級生から妬みを買う可能性があることは覚悟しておきましょう。

 

もしかしたら疎遠になってしまう友人も出てくるかもしれません。

 

破産する可能性

 

いまは安定した収入があっても、いまや大手企業でも大量リストラを行う時代です。

 

いつどうなるかわからないと考えておいた方がよいでしょう。

 

現実に、30代でマンション購入したものの年収が下がってローンが払えなくなり、競売にかけられてしまった女性も存在します。

 

不動産価格は相場が変動しますので、自分の思うタイミングで納得できる価格で売却できるかというと、そう思い通りにいくとは限りません。

 

賃貸に出すにしても、借り手がすぐ見つかる保証はどこにもありません。

 

手放すにしても、貸し出すにしても、そう簡単ではないことも頭に入れておくべきです。

 


 

女性は長生きになりました。

 

長い人生、途中でなにがあるかわかりません。

 

また、40代に差し掛かると予想だにしない健康面での変化が訪れ、今と同じように仕事に打ち込めるかどうかも実際のところはわからないと言えるでしょう。

 

いざとなったときに頼れる身寄りがあるかどうかというのも大事な要素です。

 

自分だけの家を持つことは魅力的な事ですし、メリットもありますが、今の収入だけで判断せず、あらゆるリスクをよく考えたうえで購入を検討しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す