離婚したいけど・・・離婚できないその理由

 

「旦那と離婚したいけど、できない・・・」と悩んでいませんか?

 

実は、離婚したいと思っている女性には、ある共通した理由があります。

 

そこで今回は、離婚したいけどできない理由には何があるのでしょうか。

 

お金がない

 

離婚できない一番の原因は「経済的不安」といわれています。

 

専業主婦やパートで働いていた人は、旦那の収入に頼って生活しているため、なかなか離婚へ踏み出せないのです。

 

また、「働いて経済的に自立しよう!」と思っても、女性が男性並みの給料を稼ぐのはとても大変なこと。

 

ましてや、専業主婦やパートだった人は、ブランクがあるので、雇ってもらうのが困難でしょう。

 

たとえ正社員や派遣社員で就職できたとしても、収入源があなただけになるので、生活が厳しくなるのは目に見えています。

 

このように考えると、「今より貧しい生活になりたくない・・・」という気持ちから、離婚を我慢してしまう女性が多いのです。

 

ただ、状況によっては、慰謝料や養育費がもらえるケースもありますし、シングルマザーの場合、さまざまな助成金もあります。

 

「いくらあれば離婚しても生活できるのか?」ということを具体的に考えてみてもいいかもしれません。

 

世間体が気になる

 

離婚を踏み切れない理由に「世間体」があげられます。

 

どんな理由にせよ、”離婚”は悪いイメージを持つ人がほとんどです。

 

離婚をすると、友人や近所の人、親戚などから「わがままな人」「我慢できない人」と思われることもあるでしょう。

 

また、DVや不倫など、旦那に原因があって離婚した場合でも、「可愛そうな人」と憐れな目で見られることがあるかもしれません。

 

このように世間体を気にしてしまうため、どんどん離婚がしにくくなっていくのです。

 

しかしたった一度の人生です。

 

世間体を気にする気持ちはわかりますが、大切なのは「あなたがどんな人生を歩みたいか」ということ。

 

今一度、自分自身に問いかけてみるといいでしょう。

 

子供が小さいから

 

旦那に愛情がなくても、子供のことを思うと、離婚に踏み出せない女性は多いものです。

 

特に子供が小さい場合は、「父親がいないと、子供が寂しい思いをするんじゃないか?」と思う人も多いでしょう。

 

また、子供が父親になついている場合、なおさら悩むのではないでしょうか。

 

子供が辛い思いをするくらいなら自分が我慢すればいい、と自分より子供を優先して離婚を我慢してしまうのです。

 


 

離婚したいけどできない女性のほとんどは、経済力がなかったり、世間体を気にしたり、大切な子供を悲しませる、というとても現実的な悩みを抱えているのです。

 

ただ、何もしなければ、「離婚したいけど、できない・・・」という悪循環の繰り返し。

 

離婚しないならしない、するならする、と決断して行動にうつしてみると何かが見えてくるかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す