結婚したい女性が知っておきたい結婚にネガティブな男性の重い腰をあげる為のヒント

 

そろそろ結婚したいな・・・と考えている女性、30代に突入して少し焦りを感じている方も多いかもしれません。

 

結婚願望がある女性なら30代はある意味時間との戦いです。

 

男性にとって結婚したい女になるためにはどうしたらいいでしょうか?

 

まずは男性にとっての結婚を理解しよう

 

「結婚はバカにならなきゃできない!」このフレーズは有名ですが、これを発しているのはきっとほぼ男性ですよね。

 

確かにバカにならなきゃ出来ないくらい男性にとっては責任や金銭的な負担がたくさんあります。

 

最近では「結婚はコスパが悪い」なんていう男性も現れているくらいです。

 

それもそのはず、結婚すれば今まで自由に使えていたお金や時間を妻の為、子供の為に費やさないといけない・・・今まで独身で自由にやってきた人には、この自由を手放してまで結婚する意味はあるのか?

 

と冷静に考えてしまうものです。

 

「結婚はバカにならなきゃできない」これは多くの独身男性が共通して思っていることかもしれません。

 

男性の重い腰をあげる方法って?

 

それでもやっぱり結婚したい!

 

という女性は結婚に前向きになれない男性に、結婚するのもいいかもと思ってもらうように行動して行く必要がありそうです。

 

1)結婚したいなら支えられる女性であること〜

彼が弱っている時がチャンスまだどこかに、結婚したら家族を養わないといけないという責任感からくる思い込みが男性の中に根強く残っていますが、実際はそんなこともないはずです。

 

最初から専業主婦希望の人は別として、今は女性も家計を支えられるし、彼が何かの事情で働けない時もサポートしてあげる事が出来る。

 

それを男性に体感してもらう為に、結婚してからも働きたい意志を小出しにしたり、彼が体調を崩したときなんかに積極的に看病することを心がけましょう。

 

男性に「一人では生きて行くの無理かも・・・」と気づいてもらうのが有効です。

 

2)メリットのアピールより効果的〜

一緒にいれる女性と思ってもらう事男女ともにありがちですが、この人と結婚したらどんなメリットがあるかな?と考える事。

 

そうなると、女性は料理の腕を磨いてみたりダイエットをしてみたり、資格取得に励んだりと自分磨きに精を出しますがそれが結婚して欲しいからという下心からだと、逆にプレッシャーに感じて引かれてしまうことも。

 

逆効果になってしまう一人で過ごす自分磨きという名のメリット作りの時間よりも、まずは彼と一緒にいる時間を少しずつ増やすしていく事が大切。

 

男性は「この人とは長時間一緒にいても嫌じゃないな」と気づく事でアナタとの結婚を意識し始めたりするケースが多いのです。

 

そこのベースがないと、いくら料理が上手くてもスリムで美人でも”結婚”の2文字をイメージさせることはできません。

 


 

結婚はデメリットばかり・・・と後ろ向きになっている男性に結婚を意識してもらうには男性のプレッシャーをさりげなく減らしてあげつつ、一緒にいたいなと思ってもらえるように日頃から地道に接して行くのが大切みたいです。

 

間違っても結婚に対する憧れを語ってプレッシャーを与えたり、独りよがりな自分磨きに走ってしまわないように気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す