妊娠中だけど離婚したい・・・決断する前に考えたい事

 

妊娠しているのに離婚したい・・・。

 

そんな苦しい状況にいる時は、これから先の事について色々と悩むことでしょう。

 

離婚するのが本当に良い選択なのか?子供の事を考えたら自分が我慢した方がいいのでは?

 

など、色々な事が頭に浮かぶと思いますが、早まった行動を取って後悔しない為にも、離婚に踏み切る前にこのような選択肢について考えてみましょう。

 

妊娠中ならではのイライラのせいでないか確認してみる

 

夫から愛情を感じない、夫が協力的でない・・・このような不満は結婚生活には付き物ですが、妊娠中だと余計に夫に対する不満が大きくなってしまうものです。

 

自分も身体的に自由ならば、夫からの助けがなくても出来る事も、妊娠中だとなかなかそうはいきません。

 

そういった状況から、いつにも増してイライラしてしまって、更にこれから子供が出来るのにこの人とやっていけるのか?

 

と離婚を考えるようになってしまっているのかもしれません。

 

一度、離婚を考えてしまう理由について冷静に考えてみて、それが、妊娠中のイライラから来るものではないか確認してみることも大切です。

 

信頼出来る人から客観的な意見をもらうのもいいでしょう。

 

別居する

 

夫に対して堪え難い程のストレスを感じるのならば、出産までの間実家に帰るなど、夫と距離を取ることも考えてみましょう。

 

毎日ストレスを感じる環境に身を置いていては、お腹の中の子供にも良くありません。

 

そして、そこまでしないと、あなたの気持ちを察する事が出来ない男性もいます。

 

日頃話し合いをしても全く変化がない夫なら、一度距離を置いてみてもいいでしょう。

 

しばらくの間は我慢する

 

妊娠中、又は子供が出来てからの離婚はリスクが大きいです。

 

精神的にもそうですが、妊娠中や出産後はしばらくの間思うように働く事ができないでしょう。

 

子供が生まれて色々と掛かるお金が増える一方で、夫からの安定した収入を失ってしまうのは大きな痛手です。

 

自分に貯金や、金銭面で援助してくれる人がいない場合は、お金のためと割り切って子供から手が離せるようになるまでは我慢しましょう。

 

離婚を切り出すのは、自分が仕事に復帰して安定した収入を確保できるようになってからでも遅くはありません。

 


 

妊娠していなければ、夫に対して冷めてしまったらすぐに離婚してもいいかもしれませんが、妊娠中となると、もはや2人だけの問題ではなく、これから生まれて来る子供の事も考えた選択をしなければなりません。

 

自分の気持ちを一番に優先させて、後々子供に対して申し訳ない気持ちになるのはきっとあなたも辛いでしょう。

 

どうする事が一番良い選択なのが、じっくり考えて決断をしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す