どうしたらいい!?男の子が欲しいなら考えてみるべき事

 

自分の家の名前を残したい、老後の面倒を見てもらいたい・・・男の子が出来たら頼りになるし、これらの願いを叶えてくれるかもしれませんね。

 

愛する彼の息子の顔を見てみたい、という気持ちの女性もいることでしょう。

 

それ以外にも、自分には女兄弟しかいないから、前回は女の子だったから等の理由で、次こそは男の子!

 

と思っている人もいるかもしれません。

 

生まれて来る子供の性別を完全にコントロールする事はできませんが、強く男の子を望むなら、こんな事を考えてみてはいかがでしょう?

 

生み分けに効果があると言われている事を実践してみる

 

インターネットで検索すると、男の子が生まれてきやすいと言われている方法や、実際に生み分けに成功した人たちの声がたくさん上がっています。

 

それらの中から、自分が出来そうな事、効果が期待出来ると思えるものを選んで、どんどん実践してみましょう。

 

例としては、女性の肉抜き生活、納豆・とろろ等、粘り気のある食材をたくさん摂取する、膣内をアルカリ性に整えるグリーンゼリーを注入してからセックスをする・・・等の方法があります。

 

気になるものがあったら実践してみましょう。

 

生み分け指導をしているクリニックに通う

 

インターネット上の情報は信用できないし、もっと確実な方法をプロから聞きたいならば、生み分け指導を行っているクリニックに通うといいでしょう。

 

食事や、男の子が生まれやすいサプリメント等についても細かく指示がもらえるし、排卵日も正確に知る事ができ、自己流でやる生み分けよりも高い効果が期待できそうです。

 

年齢的にも今回が最後と思っている人は、お金をそこに投資してみるのもいいでしょう。

 

男の子の養子をもらう

 

事情があって、絶対に男の子が欲しい、女の子ならいらない!

 

というくらい強く男の子を望んでいるのなら、男の子の養子をもらうという選択肢を考えてもいいかもしれません。

 

男の子にこだわるならば、これが一番確実な方法です。

 

確かに自分の子供ではありませんが、もしも女の子が生まれて来たら可愛がれないくらいなら、始めから男の子の養子をもらった方が家族にとっても、子供にとっても幸せでしょう。

 


 
生み分けは結果が約束されているわけではありませんが、男の子が欲しいと願う気持ちが強いならば、試してみる価値はあるでしょう。

 

また、確実さを求めるなら養子という選択もあります。

 

自分の男の子が欲しいという気持ちがどれくらいのものなのかよく考えて、後々後悔がないようにベストな選択をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す