わたしはもっと愛が欲しい!二人の関係に愛を育てるための3つのチップ

 

恋人がいても、2人の間に愛がなかったら、たびたび虚しさや寂しさといった気持ちを感じることでしょう。

 

愛されている実感がなかったり、気持ちのすれ違いばかりが続いてしまうのはとても辛い事です。

 

二人の関係を深め、お互いに愛情を感じられるようになるまでには、このような事を意識して接する必要があります。

 

時間を掛ける覚悟

 

愛は簡単に手に入るものではありません。

 

好きな人との間に愛情を育みたいならば、愛を育てる為に必要な時間を注ぐ努力をしなくてはいけません。

 

少し付き合ってみて、気が合わないから、トキメキがなくなってきたからと、次々と相手を変えていてはいつまでたっても相手との間に愛情は生まれません。

 

自分の思うように行かなくても、まずは愛を持って見守ってみる事が大切です。

 

相手の為に努力すること

 

自分のペースを崩したくない、自分の時間が一番大切だ・・・と言っているうちは、愛情を感じる事はできないでしょう。

 

なぜなら、アナタが相手に愛情を注ぐ事をしていないからです。

 

自分の時間が大切なのも、他にやりたい事があるのも結構です。

 

それに合わせてパートナーを動かしていると、相手はアナタの事が好きだから予定や恋愛のスタイルを合わせてくれるかもしれません。

 

しかし、相手の中に”大切にされていない”という気持ちが蓄積していきます。

 

いくら好きでも、自分を大切にしてくれない人に対して、人は目一杯愛情を注ぐことができません。

 

忙しい中、時間を作ってくれた、メールが面倒で苦手なのに、自分の為に1日に1通は連絡を取ってくれる。

 

このように、小さな事でも自分の為に努力してくれた時、人は愛を感じます。

 

そして、自分も愛を返そうとします。

 

ですから、愛情を感じたいと思うならば、まずは小さな事でいいので、相手の為に出来ることがあったら積極的にやりましょう。

 

正直な自分で接すること

 

好きな人には、いいところを見せたい、結婚を考えてもらう為に、穏やかで物分かりのいい女性でいなくては・・・。

 

そうやって背伸びをしているうちに、自分の気持ちをごまかす事に慣れてしまっていませんか?

 

本音を言ったら嫌われるかも・・・と怖い気持ちになるのは分かります。

 

でも、勇気をもって本当の自分を見せていかなかれば、本当の意味での愛は育ちません。

 

そして、いつまでたっても居心地の悪い環境に甘んじているしかありません。

 

2人の関係を深いものにしたいのならいいところだけでなく、嫌われる事を恐れずに正直な自分を出していく事が大切です。

 


 

人との間に愛を育む事は、そう簡単ではありませんし、お互いの努力が必要不可欠です。

 

争いが起きないように、面倒を起こさないように、当たり障りのなく、居心地の良い関係でいる事は簡単です。

 

ですが、相手ともっと深い関係を築きたいならば、自分から一歩踏み出してみることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す