デートしたいときはSNSを利用して地道に漕ぎ着ける作戦を!

 

気になる人に出会っても、いきなりご飯に誘うのもちょっと好意があからさまだな・・・。

 

だからといって何もしないと、向こうの方から誘ってもらえないし・・・。

 

色々考えているうちにそのままチャンスを逃してしまっている人も多いかもしれません。

 

積極的にアプローチするのがちょっと苦手、できれば時間をかけて仲良くなってデートに誘いたいという人には、SNSが一役買ってくれるかもしれません。

 

まずはSNSで繋がっておきましょう

 

気になる人に出会ったら、まずは連絡手段を確保しておきたいところ。

 

とはいえ、飲み会やパーティーで会ったばかりの人にいきなり電話番号を聞くと、ちょっと警戒されてしまうので勇気がいるかもしれません。

 

それに比べてSNSで友達として繋がることはもっと気軽で、深読みや警戒心を出される事もないでしょう。

 

気になる人に出会ったら、まずはSNSで繋がりましょう。

 

会ったその日のうちに一言メッセージを!

 

SNSは繋がるのが簡単な分、自分の印象を残すのが大変なのも事実。

 

タイムラインに「この人誰だっけ?」という人の名前がチラホラ出てきたりしますよね。

 

なので、気になる人と繋がれた場合は、その日のうちに「今日お会いした○○です。色々お話できて楽しかったです。今度また飲みにいけたらいいですね。」という感じで簡単なメッセージを送っておきましょう。

 

相手に本気なのかな?社交辞令なのかな?

 

と思われるくらいが、迷惑じゃなく、かつ気になってもらえるポイントです。

 

いいね!やコメントで少しずつ好意アピール

 

気になるお相手がSNSに投稿していたら、いいね!

 

やコメントをこまめにしてあげましょう。

 

SNSでいいね!が付くのは、小さな事のようで、結構嬉しいもの。

 

また、自分の存在もさりげなくアピール出来るので積極的にいいね!しましょう。

 

しばらくしたら、メッセージしてみる

 

会ったその日は控えめなメッセージを送って、いいね!やコメントは積極的だと、相手もあなたに興味がある場合は「どういうつもりなのかな?」と少し気になっている状態になっているはずです。

 

そのくらいのタイミングで、一度直接メッセージを送ってみましょう。

 

そうすると、相手の気持ちの傾き具合が分かるかもしれません。

 

「1週間ぶりです。笑 今週末ってなにしてますか?」とサラリと誘ってみましょう。

 

無視、または断られない限りは積極的に話を進めてしまってOK!

 

デートの約束が出来たら、電話番号を聞いておく

 

メッセージで上手くデートの誘いをOKしてもらえたら、「着いたら連絡するから、電話番号教えて!」と番号を聞いておきましょう。

 

これで番号を教えてくれるかくれないかでも、相手のテンションを計る事ができます。

 

「電話じゃなくてライン通話してもらっていい?」など、かわされてしまったら相手の気持ちはそこまで盛り上がっていないかもしれません。

 

自分の気持ちだけて突っ走って失敗しない為にも、相手のテンションを知っておく事は初デートを成功させる秘訣です。

 


 

SNSは上手く利用すれば、ギャップも演出しつつ、相手のテンションも計ることまで出来る優れものです。

 

出会ってすぐにガンガンアピールして食事に誘うスタイルが自分に合っていないと思う人は、SNSを使って地道にデートに漕ぎ着けるのもひとつの作戦です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す