次生むなら、女の子が欲しい!そんな女性が知っておきたい3つの事

 

一緒にショッピングに行きたい、バレエやピアノなど、華やかな習い事をさせたい、大きくなったら、友達感覚で街に出かけたりしたい・・・。

 

もしも女の子を授かる事ができたら・・・と思うと色々幸せそうな将来が想像出来ますよね。

子供の性別をコントロールするなんて、ちょっと無茶に思えますが、実際に女の子が授かりやすい方法というのはあるのです。

 

次授かるなら絶対女の子がいい!

 

という希望がある人は、まず出来る事から始めて見ましょう。

 

今日から毎日基礎体温を計りましょう。

 

基礎体温を計る目的は、排卵日を正しく知るためです。

 

というのも、女の子を授かるための大事なポイントの一つとなるのが、セックスするタイミングだからです。

 

女の子の遺伝子情報を持つX染色体は、男の子の遺伝子情報をもつY染色体よりも寿命が長いので、排卵日の2~3日前にセックスをするようにすると、排卵された時に生き残っているのはX染色体の可能性が高く、女の子を妊娠しやすいと言われています。

 

ですから、まずは毎日基礎体温を計って、自分の排卵日を正しく知る努力をしましょう。

 

お肉をたくさん食べよう。

 

男の子の遺伝子情報をもつY染色体の特徴は、酸性に弱い事です。

 

ですので、お肉をたくさん食べて、膣内の酸性を強くする事で、Y染色体が子宮まで到達出来る可能性が低くなり、女の子が生まれる可能性が高まるそうです。

 

普段あまりお肉を食べない人も、妊娠するまでの間は、お肉をたくさん取り入れてみる価値はありそうです。

 

女の子を授かるには、あっさりセックスが効果的!?

 

セックスは、激しく!刺激が欲しい!

 

と密かに願っている女性も多いと思いますが、女の子を授かりたいなら、激しいセックスはNG!というのも、女性が感じると、アルカリ性の物質が女性の体の中で分泌されます。

 

そして、女の子の遺伝子情報を持つX染色体は、アルカリ性に弱く、膣内がアルカリ性だと死んでしまいやすいのです。

 

ですから、女の子を授かりたい夫婦にオススメのセックスは、あっさり淡白、短時間のセックスです。

 

旦那さんには挿入したら、スグにイッてもらうようにお願いしておきましょう。

 


 

女の子が欲しい!

 

そんな強い願いがあっても、女性が生涯に子供を産める数は限られていますし、経済的な事情も絡んでくることでしょう。

 

女の子が生まれるまで、子供を産み続けるというのは、よほど強い執着と経済的な余裕がないとできません。

 

生まれてくる子供の性別を完全にコントロールする事は今のところ不可能ですが、生んだ後に悔いが残るよりは、自分でできる努力はしておいたほうが、結果はどうあれ諦めがつくことでしょう。

 

まずは、効果があると言われている事を素直にやってみる事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す