子どもが欲しい・・・子づくりをスムーズにする夫婦関係の温め方

 

そろそろ子供が欲しいのに、結婚して落ち着いてしまったせいなのか、夫婦関係も少し冷め気味。

 

お互い異性としてみる事ができなくなって最近ではセックスレス・・・。

 

そんな悩みを解消するにはどうしたらいいでしょうか?

 

まずは自己管理をしっかりしよう!

 

朝はギリギリまで寝ている、休みの日は昼までパジャマ、食事も適当・・・そんな姿を見せていたら、「この女に子供をまかせても大丈夫なのか?」と男性を不安にさせてしまいます。

 

子供が出来たら、今よりもやらなくてはいけない事が一気に増えます。

 

自分の事もままならない姿を見せてしまっては、男性を不安にさせるばかりで、とてもじゃないけれど、子供の事まで考えが及びません。

 

子供についての話を切り出す前に、まずは自己管理を徹底しましょう。

 

女としてみてもらう努力も忘れずに!

 

環境や金銭面、タイミングなどがすべて揃ったとしても、アナタに女性としての魅力を感じてもらえなければ、なかなか2人の夜は盛り上がりません。

 

出会ったときのような刺激的な魅力がなくなっていくのは仕方ありませんが、夫の前ではスッピンが当たり前、ムダ毛も気にしない、なんていう恥じらいを失ってしまっている状態なら、少し努力が必要です。

 

少しでも良く思ってもらえるように、ちゃんと化粧をしたり、身だしなみを整えましょう。

 

”女を忘れた”と思われないように、美容に気を使っている姿を見せるだけでも夫からの印象は全く違います。

 

ただの同居人になってない?時間が経っても気遣いは忘れずに!

 

「食べ方が汚い」「テレビばっかり観るのやめて?」「ちょっとは家事手伝ってよ!」一緒に毎日暮らしていれば、このような小さな衝突は日常茶飯事でしょう。

 

しかし、あまりにそれが当たり前になってしまって、2人の間に思いやりまで無くなってしまっていませんか?

 

彼はいつも家の事は何もしないから、何か頼まれてもやってあげたくない!

 

とムスッとした気持ちになってしまうのも分かりますが、そこで気遣いの出し惜しみ合戦になってしまっては今の関係は平行線のままです。

 

少しイライラすることがあっても、自分から手を差し伸べるようにしましょう。

 

子供を作るには、夫婦の関係が良好である事がなにより大切です。

 


 

子供が欲しいと思っても、夫婦の気持ちがすれ違ったままではなかなか難しいもの。

 

子供の話を出すと夫にプレッシャーを与えてしまう段階では、まずは夫婦の関係を暖める為に小さなことから始めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す