のんきな夫の子づくりのモチベーションをアップする方法

 

アナタはそろそろ赤ちゃんが欲しいと思っているのに、彼の方は全くそんな事考えていない様子・・・。

 

年齢の事もあるからそろそろ真剣に考えたいのに、のんきな彼はまともに話し合ってくれない。

 

こんな状況にモヤモヤしている人は彼としっかり話し合いの場を設けて、子づくりについての正しい認識を持ってもらう事が大切です。

 

男性には分からない妊娠の難しさ

 

男性の中には、セックスすれば、自然に赤ちゃんはできると当たり前のように思っている人もとても多いです。

 

しかし、年齢を重ねて行く程に、女性が妊娠できる確率はグッと下がっていきます。

 

そして、排卵日でなければいくらセックスをしようが妊娠には至らないという知識も、男性は持ち合わせていないことがほとんどです。

 

ですから、しっかり排卵日を計算して、それに合わせてセックスしてもらうには彼の協力が必要な事を一度きちんと話し合いましょう。

 

そのままうやむやにしていては、彼の認識は正されないまま、なんの焦りもなく時間が過ぎてしまいます。

 

まずは一緒に体作りをしてみる

 

赤ちゃんはそんなに簡単に出来る訳じゃないと分かってもらえたら、まずは妊活の一環として食生活を見直したり、妊娠に効くサプリメントを一緒に始めて妊娠しやすい体作りを協力してやっていきましょう。

 

ちゃんと話し合いを設けて、妊娠の難しさについて少しでも分かってもらえたら、協力の姿勢を見せてくれるはずです。

 

厳しい食事制限を課したり、全面的な禁煙を命じたりすると彼に取ってもストレスになってしまうので、まずはサプリメントを渡して毎日飲んでもらうなど、小さな事から始めましょう。

 

それをきっかけにして、子供について話し合う機会を増やしていくのも作戦です。

 

父親になる事に対して、良いイメージをもってもらう

 

父親になると聞くと、責任や、金銭面での心配が先に頭に浮かび、ネガティブなイメージを持っている男性も多いと思います。

 

そんなネガティブなイメージを取り払うには、実際に彼に子供に接してみてもらうのが一番です。

 

親戚の子供や、友人や先輩の子供と触れ合う機会があったら、積極的に彼を誘ってみましょう。

 

「可愛いな」「子供がいるって思ったより良い事だな」と子供と触れ合う喜びを感じてもらえたら、彼の中のネガティブなイメージは一気にポジティブなものに変換されるでしょう。

 


 

男性はどうしても女性の体についての理解が不足しがち。

 

それは仕方がない事なので、相手がのんきな場合は、少し気まずくても、焦る気持ちをそのままにしたり、イライラをぶつけるように彼に接するのではなく、話し合いの機会を設けて彼が理解できるように建設的に話をする事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す